各種特殊材・鋼板用手動&動力切断機・設計・製作


HOME > 会社概要

会社概要

社名 有限会社 丸龍商事

代表者
 
代表取締役 笠次 眞一
資本金
1200万円
 

事業所


京都府京丹後市峰山町新治(にんばり)1526番地

電話・FAX 電話0772-62-5543  FAX 0772-62-3894
営業時間 am8:00~pm5:00
定休日 日・祭・第二・第四土曜日
業務内容 機械製品製造業(設計⇒加工⇒組み立て⇒完成品卸) 自社オリジナル商品製作
主品目~手動切断機・動力切断機(薄板鉄板・ステンレス・塩ビ・他特殊材用)
設立 1966年(昭和41年)

当社について

弊社の製品は国内の板金関係業者様をはじめ防衛省、工業専門学校、工業高校、工業系大学等の諸官庁、弱電メーカー並びに海外技術協力事業(ジャイカ)、政府海外技術援助事業(ODA)等による東南アジア、中近東、北東アジア等への輸出、海外合弁企業等幅広く納入実績を積み重ね、零細企業ではありますが1m手動切断機から4m動力切断機、ライン用特寸機、内外装材・基板材・ナイロン材等の特注機等、切断機製作一筋、現在に至っております。     
保温・内外装・ダクト・ラッキング・板金・ナイロン・プラスチック等の加工関係業者様はもとより、大手企業様、輸出関係業者様等々の御要望に沿った製品を製作、幅広く種々の産業分野への納入も致しております。 
製品を独自に開発するのではなく、常にユーザー様の御意見を拝聴してそのニーズに出来得る限り近づいたシンプル&ベストな製品を製作することに日夜、没頭して今日に至っております。弊社のオリジナル製品にはユーザー様より戴いた種々のニーズを参考に動力全機種に標準装備をしてユーザー様の加工作業の省力化と効率化の一助になるよう努力しております。


会社沿革

昭和41年(1966) 個人企業としてアングルバッタの製造を始める。 1m~3mの手動切断機の製造を開始。
昭和57年(1982) 現法人会社設立
昭和63年(1988) 現住所に工場を新築移転
平成 3年(1991) 2m~4mの弊社オリジナル動力切断機の製作を開始

1234